今月は、友達に教えてもらった「自分で作る美肌水」の作り方を紹介します。
結構メジャーなので知っている人も多いと思いますが、なかなか使えるのでオススメです。

尿素 50グラム
グリセリン ティースプーン1杯
水道水 200cc

尿素500グラム¥980
半透明の、サラサラした白い粉。形としては味の素みたいなかんじです。ちなみに無臭です
グリセリン500ml¥980
効用の部分に、ヒビ・アカギレと書いてあり、そのままでも使える、透明のとろりとした液体です


適当な容器に水と尿素を入れ、振ってよく混ぜ合わせます。尿素が完全に溶けたらグリセリンを加えて、美肌水の原液が完成。
これを、体にボディローションとしてつける場合は5倍、顔の場合は10倍を目安に薄めて使います。
精製水でもOKですが、水道水は塩素が入っているので日持ちします。もし精製水やミネラルウォーターで作った場合は、冷蔵庫に保存するなどして、できるだけ早めに使い切ったほうがよさそうです。

私は材料を薬局で購入しましたが、材料のあまりの安さにビックリ!

原液を作って、それを5〜10倍に薄めて使うということは、計算すると200mlの美肌水1本を作るのに、約¥10〜20円しかかからないということになります。一度材料を買ったら、かなりたっぷりあるので、友達と一緒に買うといいかもしれませんね。ボディローションには、好みでアロマオイルなどを入れるとオリジナルの香りも楽しめて、さらにおすすめです。使用感は、人によっては液が濃すぎると刺激があるという意見もあるようですが、私個人としては全く問題なし。

濃度を調節できるので、むしろいい感じです。これで用が足りるなら、市販の化粧品は一体なんなのだろうかと疑問に思ってしまうくらいですが、それはそれ、これはこれとして便利に(お得に?)使い分けています。それにしても、使用感として何も問題がなく、お肌の調子もよいということはこれで充分なのだと思われますが、市販の高い化粧品には、一体どんなイイモノが配合されているのでしょう。。。笑

ヒアルロン酸を入れると、さらに美容効果が上がると聞いたので、この美肌水をつくるときに薬局で聞いてみましたが、取り扱いがないようで、買えませんでした。どなたか知っている方がいらしたら、情報をお寄せください!!